包丁のよく切れる研ぎ方について

当ページのリンクには広告が含まれています。
包丁研ぎ,イメージ

【PR広告】

包丁をよく切れるように研ぐには、正しい技術と研ぎ具の選び方が重要です。

以下に、包丁を鋭く研ぐための基本的なステップとテクニックを詳しく解説します。

目次

必要な道具

  • 砥石: 石の硬さや粒度によって異なる種類があります。粗い砥石(約220-600グリット)、中砥石(約800-2000グリット)、細かい砥石(2000グリット以上)の3段階で使用するのが一般的です。
  • 研ぎ補助具: 初心者や不慣れな方は、研ぎ角度を一定に保つ補助具を使用すると役立ちます。
  • 調整用の平らな砥石や研ぎ合わせ板: 砥石の表面を平らに維持するための道具。

砥石の準備

  • 水に浸ける: 砥石を水に十分に浸け、石が水を吸収しきるまで待ちます。ほとんどの砥石は、使用前に水に浸ける必要があります。

研ぎの基本的な手順

包丁研ぎ,イメージ
  • 正しい角度の確保: 包丁の刃を砥石に対して約15〜20度の角度で保持します。
  • 研ぎ始め: 包丁の先端から研ぎ始め、刃の根元まで均一に研ぐようにします。
  • 砥石の全面を利用: 砥石の全面を効果的に利用することで、砥石の均一な摩耗を促進し、包丁の刃も均一に研げます。
  • 反対側の研ぎ: 一方の面を研いだ後は、反対側の刃も同様に研ぎます。
  • 砥石の交換: 刃が均一になったら、次に細かい砥石に移行し、同様の手順で研ぎます。

仕上げ

  • バラ研ぎ: 最後に、細かい砥石や革のストロップを使用して、刃をさらに鋭く仕上げます。
  • 切れ味のテスト: 研ぎ終わったら、包丁の切れ味を紙や野菜でテストしてみます。

砥石の手入れ

  • 研ぎ終わったら、砥石をきれいに洗い、自然に乾燥させます。
  • 砥石の表面が凹凸してきた場合は、調整用の平らな砥石や研ぎ合わせ板を使って、砥石の表面を平らに整えます。

包丁の研ぎ方は、練習と経験を積むことで上達します。

研ぎ始めは注意深く、適切な角度と圧力を意識しながら進めることで、包丁の持続的な切れ味を維持することができます。

以上、包丁のよく切れる研ぎ方についてでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次