鶏胸肉のイタリアンカツレツについて

当ページのリンクには広告が含まれています。
ミラノ風カツレツ,イメージ

【PR広告】

鶏胸肉を使用したイタリアンカツレツは、伝統的なイタリアの料理「カツレッタ」に着想を得た料理です。

本来のカツレッタは、通常、薄くたたいた仔牛肉を使用し、パン粉でコーティングして揚げたものですが、鶏胸肉を用いることでよりヘルシーで手軽に作れるバリエーションとなります。

鶏胸肉のイタリアンカツレツは、外はサクサク、中はジューシーな食感が楽しめ、家庭料理としても大変人気があります。

以下にその作り方を詳しく説明します。

目次

材料(4人分)

パルメザンチーズ,イメージ
  • 鶏胸肉:4枚
  • 塩:適量
  • 黒こしょう:適量
  • 小麦粉:適宜
  • 卵:2個
  • ミルク:大さじ2
  • パン粉:カップ2
  • イタリアンハーブミックス:大さじ1(オレガノ、バジル、タイム等)
  • パルメザンチーズ:1/2カップ(細かく grated)
  • オリーブオイル:適宜
  • レモン:1個(切り分ける)

手順

  • 鶏胸肉の準備
  • 鶏胸肉を薄くスライスするか、厚さが均等になるように軽く叩きます。
  • 叩いた肉に塩と黒こしょうで両面を味付けします。
  • パン粉の準備
  • ボウルにパン粉、イタリアンハーブミックス、パルメザンチーズを入れ、よく混ぜ合わせます。
  • コーティングの準備
  • 別のボウルに卵とミルクを割り入れ、よくかき混ぜます。
  • 小麦粉を別の皿に広げます。
  • コーティング作業
  • 鶏胸肉をまず小麦粉にくぐらせ、余分な粉を払います。
  • 次に卵液に浸し、最後にパン粉ミックスにしっかりと押し付けてコーティングします。
  • 調理
  • フライパンを中火に熱し、オリーブオイルをひきます。
  • 鶏肉を入れ、一面が金色になるまで約3〜4分焼きます。
  • 肉を裏返し、もう一方の面も同様に焼きます。
  • サービング
  • 熱いうちにプレートに盛り付け、レモンのくし形切りを添えます。

サービングのアイデア

イタリアンカツレツはそのままでも美味しいですが、トマトソースを添えたり、新鮮なサラダやパスタと一緒に供することで、一層イタリアンな雰囲気を楽しむことができます。

また、カプレーゼサラダやバジルペースト(ペスト)と合わせても良いでしょう。

このイタリアンカツレツは、カリカリとした食感とハーブの香りが魅力的で、家族や友人との食事にぴったりの一品です。

シンプルながらも、素材の味を生かした調理法で、幅広い年齢層に喜ばれる料理です。

以上、鶏胸肉のイタリアンカツレツについてでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次