バブルの時に流行ったイタ飯について

当ページのリンクには広告が含まれています。

【PR広告】

バブル期(1980年代後半から1990年代初頭)の日本では、イタリア料理、通称「イタ飯」が非常に流行しました。

この現象は、日本の経済が急成長し、人々の消費意欲が高まった時期に重なります。

その結果、外食産業が大いに発展し、新しい料理のスタイルが次々と導入されました。

目次

イタ飯の特徴

パスタとピザ

  • パスタ:スパゲッティ、ペンネ、ラザニアなどのパスタ料理が人気を博しました。特に「ペペロンチーノ」や「カルボナーラ」などのシンプルなパスタが好まれました。
  • ピザ:マルゲリータやクアトロフォルマッジなどの伝統的なピザはもちろん、日本独自のトッピングを取り入れたピザも登場しました。

高級志向

  • 当時のイタ飯レストランは高級感があり、豪華な内装と丁寧なサービスが特徴でした。特にバブル期の日本では、高級レストランでの食事がステータスシンボルとなっていました。

豊富なメニュー

  • パスタやピザだけでなく、リゾット、アンティパスト(前菜)、ドルチェ(デザート)など、多様なメニューが提供されました。これにより、食事全体を通してイタリアの食文化を楽しむことができました。

イタ飯の文化的影響

食材の普及

  • イタ飯の流行に伴い、オリーブオイル、バルサミコ酢、パルメザンチーズなどのイタリア料理の基本的な食材が日本で広く普及しました。

家庭料理への浸透

  • 外食産業だけでなく、家庭でもイタリア料理を作ることが一般的になりました。スーパーやコンビニエンスストアでも、パスタソースや冷凍ピザなどのイタリア料理関連の商品が増加しました。

食文化の多様化

  • イタ飯の流行は、日本の食文化の多様化に大きく寄与しました。他国の料理を受け入れ、独自のスタイルでアレンジすることが普通になりました。

現在のイタ飯

イタリアン,イメージ

バブル期のイタ飯ブームは一段落しましたが、イタリア料理は日本の食文化にしっかりと根付いています。

現在でも、多くのイタリアンレストランが存在し、家庭でも簡単に作れる料理として愛されています。

また、バブル期の影響を受けた日本独自のイタリア料理のスタイルも健在で、創意工夫を凝らしたメニューが多く提供されています。

バブル期に流行したイタ飯は、日本の食文化に多大な影響を与え、その後の食の多様化と豊かさに寄与しました。

以上、バブルの時に流行ったイタ飯についてでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次