包丁のバリの取り方について

当ページのリンクには広告が含まれています。
包丁研ぎ,イメージ

【PR広告】

包丁のバリの取り方について詳しく説明します。

包丁のバリとは、包丁の刃先にできる細かいギザギザや不均一な部分のことです。

これらのバリを取り除くことで、包丁の切れ味が向上し、料理の精度が上がります。

以下に包丁のバリの取り方を詳しく説明します。

目次

必要な道具の準備

まず、バリ取りに必要な道具を準備します。

一般的に以下の道具を使用します。

  • 砥石:粗目、中目、細目の3種類を用意します。
  • 研磨棒:バリを取るために使用します。
  • 布やペーパータオル:包丁を拭くために使用します。

包丁の洗浄と準備

包丁をきれいに洗い、乾かします。

汚れや油分が付いていると、研ぎ作業がうまくいかないことがあります。

砥石の準備

砥石を水に浸し、しっかりと水を含ませます。

砥石が乾いていると、包丁を研ぐ際に摩擦が増え、効果的に研げないことがあります。

砥石は使用前に少なくとも10分間は水に浸けておきます。

包丁の研ぎ方

包丁研ぎ,イメージ

粗目の砥石を使用

  • 砥石を安定した場所に置きます。
  • 包丁の刃先を砥石に対して15〜20度の角度で当てます。
  • 前後に動かしながら刃全体を研ぎます。この作業を数回繰り返し、バリができるまで研ぎます。

中目の砥石を使用

  • 粗目の砥石と同じように、中目の砥石で包丁を研ぎます。
  • バリができたことを確認しながら、均一に研ぎます。

細目の砥石を使用

  • 最後に細目の砥石で仕上げます。
  • この段階でバリが完全に取れるまで研ぎます。

バリ取りの仕上げ

研磨棒を使用

  • 研磨棒を安定した位置に持ちます。
  • 包丁の刃先を研磨棒に対して15度程度の角度で当てます。
  • 軽く押し付けながら、刃を研磨棒に沿って滑らせます。
  • 両面を均等に行い、バリが完全に取れるまで繰り返します。

布で包丁を拭く

  • 最後に、布やペーパータオルで包丁を丁寧に拭きます。
  • これにより、残ったバリや砥石の粉を取り除きます。

チェック

包丁の刃先を指で軽く触れてみて、バリが完全に取れているか確認します。

バリがなく、滑らかな手触りであれば完了です。

注意点

  • 包丁を研ぐ際は、慎重に行い、手や指を傷つけないように注意してください。
  • 砥石の選定や角度、圧力などを間違えると、包丁の刃を傷つけることがありますので、適切な方法を守って行ってください。

実際に行う際には、焦らず丁寧に作業することを心がけてください。

以上、包丁のバリの取り方についてでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次