フライパンの表面の焦げの取り方について

当ページのリンクには広告が含まれています。
焦げたフライパン,イメージ

【PR広告】

フライパンの表面にこびりついた焦げ付きは、料理の質を下げるだけでなく、次に調理する際にも影響を及ぼします

以下にさまざまな素材のフライパンに適した焦げの取り方を詳しく説明します。

目次

ステンレス製フライパン

方法1: 重曹と水のペースト

  • 手順:
  1. フライパンに水を少量入れ、重曹を適量加えてペースト状にします。
  2. このペーストを焦げ付いた部分に塗り、10〜15分ほど放置します。
  3. 放置後、スポンジでこすり、焦げを取り除きます。
  4. しっかりと洗い流し、乾燥させます。

方法2: 酢と重曹の組み合わせ

  • 手順:
  1. フライパンに水と酢を1:1の割合で入れます。
  2. この液体を沸騰させ、5〜10分ほど煮立てます。
  3. フライパンを火から下ろし、重曹を少しずつ加えます(泡立ちに注意)。
  4. 液体を捨て、スポンジでこすり、焦げを取り除きます。
  5. しっかりと洗い流し、乾燥させます。

鉄製フライパン

方法1: 塩での磨き

  • 手順:
  1. フライパンに大さじ3〜4杯の粗塩を入れ、弱火で加熱します。
  2. 塩が温まったら、木べらや耐熱性のブラシで焦げをこすり落とします。
  3. 焦げが取れたら、塩を捨て、フライパンを水で洗い流します。
  4. 乾燥させた後、薄く油を塗って保管します。

方法2: 熱湯処理

  • 手順:
  1. フライパンに水を入れ、沸騰させます。
  2. 沸騰したお湯を使って、木べらで焦げをこすり落とします。
  3. 水を捨て、フライパンを乾燥させます。
  4. 乾燥後、薄く油を塗って保管します。

コーティングされたフライパン(テフロンなど)

フライパン,イメージ

方法1: 重曹と水のペースト

  • 手順:
  1. 重曹と水を混ぜてペースト状にします。
  2. ペーストを焦げ付いた部分に塗り、10〜15分ほど放置します。
  3. 柔らかいスポンジでこすり、焦げを取り除きます。
  4. しっかりと洗い流し、乾燥させます。

方法2: 酢と重曹の組み合わせ

  • 手順:
  1. フライパンに水と酢を1:1の割合で入れます。
  2. この液体を沸騰させ、5〜10分ほど煮立てます。
  3. フライパンを火から下ろし、重曹を少しずつ加えます(泡立ちに注意)。
  4. 液体を捨て、柔らかいスポンジでこすり、焦げを取り除きます。
  5. しっかりと洗い流し、乾燥させます。

追加の注意点

  • コーティングされたフライパンの場合、金属製のたわしや硬いブラシを使用しないでください。コーティングが剥がれる原因となります。
  • 焦げ付き防止のため、調理後はすぐに洗浄し、適切に乾燥させて保管することを心がけましょう。

これらの方法を使えば、フライパンの焦げ付きもきれいに取り除けます。

素材に応じた方法を選び、安全に作業を行ってください。

以上、フライパンの表面の焦げの取り方についてでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次